事例から学ぶ!Instagram(インスタグラム)でPR投稿をするときの考え方

今回は、よくお問い合わせをいただく「クリエイティブ(投稿内容)の考え方」について実際の投稿を参考にまとめてみました!前回までのブログでは、


・訴求内容にそったInstagramerを見分けるポイント

・メッセージを的確に伝えるためのコト訴求の重要性


を中心に、お伝えしてきましたが、実際にどのようなクリエイティブが、生活者にとって「ささる」ものなのかを具体例と共にお伝えしていきます。というのも、生活者は様々なInstagramerをフォロワーしているため、商品を紹介するだけの単純な投稿では、タイムラインで流し見されてしまう恐れや、複数のInstagramerで同じようなクリエイティブが続いてしまうと「悪目立ち」すらしてしまう場合もあります。


当社では、広告であることを表記することは大前提として、Instagramerのフォロワーに的確にメッセージを伝えていただくための、「オリエンテーション」も重要視しております。(オリエンテーションでは、投稿内容の指定は行っておらず、より広告主のメッセージをフォロワーに伝えやすいクリエイティブを生み出すために、希望事項をお伝えしています)

本記事はInstagramのクリエイティブを中心に紹介させていただきますが、「考え方」自体はInstagramに限らず活用頂けるポイントかと思いますので、是非ご参考頂ければと思います!


それでは、以下より、当社が「これは商品特長を捉えた良いクリエイティブ!」とInstagram内で感じた投稿をご紹介させていただきます。

※以下に掲載する投稿画像は全てご本人の承諾を頂いたうえで掲載しております。


投稿例を見てみよう!

その1.<カルーセル(複数枚)投稿>の使い方が素晴らしい!

商材:リップ

参考URL:https://www.instagram.com/p/Bfai7S2DUxg/

投稿者:濱田あおい さん https://www.instagram.com/aoihamada/

ポイント:左から1枚目、2枚目、3枚目と、カルーセル投稿を使い分けてご投稿。1枚目は動画になっており、実際のパッケージのご紹介から、実際に唇に乗せてみた様子を撮影しています。動画では数秒で流れてしまう「カラーの差」を、2枚目移行の静止画で投稿することで、複数カラーあるリップを比較し、フォロワーが自分にあったカラーを選びやすいような工夫が見受けられます。1人の人が複数色を使用することにより、「使ってみたときのカラーの差」がより分かりやすく、「自分に合うカラーはどれだろう?」という使ったときのイメージも想像が付きやすくなっています。実際に「参考になりました!」や「わかりやすいです!」といったコメントも寄せられています。


その2.<複数回投稿>でさまざまな用途を紹介していて素晴らしい!

商材:漂白剤

参考URL:

・1投稿目https://www.instagram.com/p/BRgTE3_jhsI/

・2投稿目https://www.instagram.com/p/BU5rgCCjavg

・3投稿目https://www.instagram.com/p/BcyvoyHnw_w/

・4投稿目https://www.instagram.com/p/BdtLXocn5kk/

投稿者:aya ismart さん https://www.instagram.com/tk.ismart/

ポイント:同じ商品を「いつ」「どこで」使っているかを複数紹介しています。日々の気軽な掃除や、ひと手間加えた掃除、更に年末の大掃除など、を紹介中で、自宅の様々な場所で商品を活用できることを表現しており、フォロワーは「自宅の○○に使ってみようかな」と、利用シーンを想像しやすいため、態度変容を起こしやすいクリエイティブだと考えられます。


その3.<動画>を使ったHOWTO動画が分かりやすい!

商材:アイブロウ

参考URL:https://instagram.com/p/Bfs3YaTnqjq/

投稿者:Lisa Ebihara さん https://www.instagram.com/lisa.ebihara/

ポイント:この動画はHOWTO動画になっています。眉メイク時の注意点や、ポイントを動画内のテキストでも伝えています。また、この動画は、LIVE実施時に、フォロワーからコメントが多く寄せられた内容を改めて動画化しているため、フォロワーからも「わかりやすかった!」「私も実践してみます!」といった共感のコメントが多く寄せられています。


その4.特長を最大限に生かした<物撮り>が素晴らしい!

商材:カフェ(イベント案件などにご参考ください)

参考URL:https://www.instagram.com/p/BfDhShfF76W/

投稿者:小沼瑞季 さん https://www.instagram.com/mizukikonuma/

ポイント:コト体験のシェアする時代(前回記事参照)になっているので、フォトジェニックに撮影ができる場所に生活者は興味が湧きます。こちらの投稿はとても可愛らしく撮影をされており、かわいいもの好きな女性は思わず自分もその場所に行き、撮影をし、自身のSNSアカウントでもシェアしたいなと思うのではないでしょうか。


その5.キッズ<動画>で自分ごと化を促進!

商材:キッズ向け商材

参考URL:https://www.instagram.com/p/BNwmtfQBQOF/

投稿者:あゆちゃん さん https://www.instagram.com/ayuchan0819/

ポイント:ぜひ、参考URLを参照し、動画を見て頂ければと思います!お子さまが楽しみながら商品体験してくれると、それだけで癒されますよね!フォロワーも同じようにお子さまをお持ちの方が多いと想定されるので、「子供がこんなに喜んでくれるなら自分の子供にも買ってあげようかな?」と、購買意向度を高めることができると思われます。


以上、5つの良クリエイティブをご紹介させていただきました!フォロワーにメッセージを伝えるために、どのようなクリエイティブ、コンテキストでご紹介いただくか、も、セットで検討していくことで、PR投稿であったとしても、高いエンゲージメントを創出し広告効果を高めることも不可能ではありません!


今回はInstagramのクリエイティブを中心に紹介させて頂きましたが、各SNS(TwitterやYouTube)それぞれで、フォロワーや視聴者にメッセージを伝えやすいクリエイティブが変わってくるので、改めて他メディアについてもご紹介できればと思います!


~お問い合わせは以下のメールアドレスにご連絡ください~

influencer_div@cyberbuzz.co.jp



小原 由依夏

広告メディア事業部のインフルエンサー局に所属しています。
インフルエンサーのリクルーティング、数多くのディレクションやレポートに携わらせて頂きながら見えてきたノウハウや事例など紹介できればと思います!

株式会社サイバー・バズ インフルエンサー局

サイバー・バズが運営するインフルエンサー局ブログ 創業当初から保持しているインフルエンサーネットワークに関するノウハウ、事例や、当社だからわかるインフルエンサーのトレンドを紹介!お問い合わせはこちら<influencer_div@cyberbuzz.co.jp>

0コメント

  • 1000 / 1000