プロモーションの効果を高めるInstagramerを見分けるポイント

デジタルプロモーションの中で、昨今"インフルエンサーマーケティング"の注目度は日に日に高まっています。中でも特にInstagramは、日本国内利用者数も2,000万人を突破し、成長著しいSNSとして、多数ご相談をいただきます。中でも「Instagramer(インスタグラマー)」と呼ばれるフォロワーを多く抱える方々には多種多様なブランドからPR協力のオファーも増え続けています。

こういった状況の中で、ブランド担当者様は、多種多様なInstagramerから、


「自社商品・サービスのPRにもっとも適した方は、どういった基準で見分ける必要があるのか?」


と、お困りになっているという声もよくお聞きします。今回の記事では弊社で実践しているプロモーション効果を高めるInstagramerを見分けるポイントについて紹介させて頂きます。


大きくポイントは以下の3つにまとめられます。


  • ポイント1. Instagramインサイト情報を活用する
  • ポイント2.投稿内容からフォロワー属性を想定する
  • ポイント3.普段の投稿時のエンゲージメント数をチェックする


弊社では、上記のポイントをもとに、商品特長に見合ったターゲットがフォロワー内にどれだけいるのか、実際にそのフォロワーはInstagramerの投稿で心が動きやすいのか(このInstagramerは、フォロワーに対しての影響力が高いのか)、といった内容を想定し、商品・サービスに適したInstagramerをご提案しています。

以下より、ポイントの詳細を説明していきますのでぜひご一読ください。


■ポイント1.Instagramインサイト情報を活用する

まず、<ポイント1>のInstagramインサイト※1情報の活用についてご説明します。Instagramインサイトを活用することで、Instagramerのフォロワーの、男女比や年代が把握できます。実際に取得できる情報は以下の図1となります。

【図1】

弊社では一部のInstagramerよりInstagramインサイト情報を共有いただいており、このインサイト情報を活用することで、例えば「女性向け商材のコスメで、20代後半の人に人気のInstagramerを起用したい!」という広告主の要望にも、Instagramインサイトを活用することで、Instagramerの投稿に含まれるターゲット比率を想定できます。


弊社では、"本来リーチしたいターゲット"と、"Instagramerのフォロワー属性"でミスマッチが起こらないように、更に多数のInstagramerからInstagramインサイト情報をご提供いただき、その情報をご提案に生かせるように努めております。


※1Instagramインサイトとは?

Instagramのビジネスプロフィールに変更すると、Instagramインサイトが利用できます。Instagramインサイトでは、フォロワーについての情報やフォロワーがオンラインの時間帯などがわかります。また、作成した投稿やストーリーズに関するインサイトを見て、それぞれのパフォーマンスや利用者のリアクションなどを確認できます。投稿、ストーリーズ、アカウント全般のインサイトを確認できます。

(参考)Facebookビジネスブログ https://www.facebook.com/business/help/1533933820244654



■ポイント2.投稿内容からフォロワー属性を想定する

続いて、<ポイント2>の投稿内容からフォロワー属性を想定する方法について解説します。これは、Instagramerが日々投稿している得意分野、趣味嗜好、ライフスタイルに、フォロワーは共感を持っている傾向が強いため、フォロワーが共感している特長と、PRを行う商品の特長が、ミスマッチしていないか、を判断する材料になります。


<ポイント1>でお話した、Instagramインサイトを活用することで、フォロワー属性は確認ができますが、日々の投稿に対する「コメント」でも、アクティブなフォロワーの属性は確認できます。


最近では、化粧品のPR投稿のはずなのに、男性フォロワーがたくさんコメントをしている・・・といった事案も、ちらほら見受けられます。こういったミスマッチも、日々の投稿内容や、投稿へのコメント内容を確認することで、「この人、実は男性フォロワーが多いのでは?」など想定した上で、最適なInstagramerのご提案を行っています。



■ポイント3.普段の投稿時のエンゲージメント数をチェックする

最後は、<ポイント3>として普段の投稿におけるエンゲージメント数のチェックが重要です。普段Instagramerが投稿している内容に対して、フォロワーがどのくらい共感しているか、興味をもっているか、をエンゲージメント数(いいね数、コメント数)をチェックすることで判断しています。


現在、Instagramではタイムラインに掲載される投稿は時系列順にはなっておらず、特定のロジックにより表示順が異なっています。掲載順のロジックは明らかになっていませんが、Facebookの「エッジランク」のように、投稿者とフォロワーの"関係性の深さ"が影響しているのではないかと想定しています。


このような掲載ロジックを想定した場合には、やはり日ごろの投稿からフォロワーに対して影響度が高いと考えられるInstagramerを起用する方が、実リーチ数が高くなる可能性があり、より多くの生活者に商品PRを行う秘訣であると考えています。



■まとめ

弊社では、プロモーション効果を高めるInstagramerの選出において、上記でご説明した内容を、以下のような図に落とし込み、提案に生かしています。


【図2】Instagramerの提案STEP

<STEP1>

Instagramerのアカウントをお一人お一人目視し、分類を行っています。


<STEP2>

日々の投稿の平均エンゲージメント数をご提案時に提出しています。


<STEP3>

ご本人が得意とする投稿内容で大分類をさらに細かくしています。女性モデルの場合は、ママモデルさんや、メイクアップ動画が得意な美容モデルさん、などが、具体的な分類です。


<STEP4>

さらに、お子さまの年齢や、ご本人のファッションや、メイクのテイストなど、弊社独自視点の詳細事項も追加し、抽出可能にしています。


<STEP5>

上記以外で、ご本人の年代や、動画撮影ができる、男女カップルでPRにご協力いただける、定期的にフィットネスジムに通っているといった機微情報もご紹介可能です。



「フォロワーが多いから」といった単純な選定基準では、ターゲットリーチ率や、投稿への接触率を考えた時には、逆に広告効果が低くなってしまう恐れがあります。より広告効果を高めていくにあたっては、しっかりと「PRしたい商品・サービスの特長」と、「PRに協力してくれるInstagramerの特長」を合致させることが重要になってきます。しっかりと特長を合致させることで、Instagramerの皆様も積極的に、広告案件にもご協力頂けます。


多種多様なInstagramerから、貴社商品・サービスとマッチする方を選出するにあたっては、今回ご紹介させて頂いたポイントをぜひ参考にして頂ければと思います。


~お問い合わせは以下のメールアドレスにご連絡ください~

influencer_div@cyberbuzz.co.jp



小原 由依夏

広告メディア事業部のインフルエンサー局に所属しています。
インフルエンサーのリクルーティング、数多くのディレクションやレポートに携わらせて頂きながら見えてきたノウハウや事例など紹介できればと思います!

株式会社サイバー・バズ インフルエンサー局

サイバー・バズが運営するインフルエンサー局ブログ 創業当初から保持しているインフルエンサーネットワークに関するノウハウ、事例や、当社だからわかるインフルエンサーのトレンドを紹介!お問い合わせはこちら<influencer_div@cyberbuzz.co.jp>

0コメント

  • 1000 / 1000