インフルエンサーとの付き合い方 後編 ~インフルエンサーという仕事をする中の本音~

前回の記事では、“インフルエンサー”と呼ばれるまでの努力から、世界観をキープするためのこだわりをインフルエンサーのお三方にお伺いしました。


今回は、インフルエンサーとしてお仕事受ける際の、“インフルエンサーの本音”に迫ってみました!


プロフィール

・あや猫さん

https://www.instagram.com/ayanekotan/

美容ブロガー・インスタグラマーとして活躍中。

現在Instagramは約68,000フォロワーを抱え、日々美容やメイク等、自分磨き中心の情報を発信。


・大田くるみさん

https://www.instagram.com/kurumimi1113/

大学時代に始められたブロガーを6年続け、ファンも着実に増やしているブロガー。

現在Instagramは約13,000フォロワーを抱え、ファッション、メイク中心に更新中。


・本多胡桃さん

https://www.instagram.com/kotohonda/

Ray専属読モをきっかけにブログやInstagramで情報発信するように。

現在Instagramは約34,000フォロワーを抱え、“ピンク”“可愛いもの”など、ガーリーな世界観が人気。



【いつからInstagram上でのPR案件のお仕事を受けるようになりましたか?】

大田さん:私は今ほぼ受けていないです。。。ご案内いただくことも多いのですが、世界観統一している最中なので、PRはブログで、と決めています。


あや猫さん:1年くらい前ですね。アカウントの世界観統一し始めてから連絡いただくようになりました。

あとはブログでもお受けしていたので、延長線でInstagramも受けるようになりましたね。


本多さん:私も1年前くらいですかね。読者モデルの先輩からの紹介もあり、案件が増えるようになりました。


【フォロワーに不信感を持たれないということがポイント】

お仕事を受ける際に気を付けていることは何かありますか?


あや猫さん:美容からかけ離れていたり、レビューしにくい商品以外はお受けしています。

いつもの投稿がしっかりと商品レビューをしているので、案件を受けるとしても「ただもらった」とフォロワーに思われないように、ちゃんとレビューできる商品か、という点は一番気にしていますね。

本多さん:私が芸能人のInstagram投稿を見ていて「あ、これ絶対もらっただけだな」とか、普段の投稿とは違うなと“不信感”を感じるような投稿には違和感を感じるので、自分がフォロワーの立場に立って、同じことを思うような投稿はしないようにと思っています。なので美容系の商材だと絶対に使用してからレビューしたいですし、良いと思えない商品は投稿したくないですね・・・

あと、投稿や商品レビューでフォロワーに迷惑かかることは絶対にしたくないので、怪しいサイトに登録を促すような案件はお受けしたくないなと思っています。

あや猫さん・本多さん:一番困るのは、イベントのフォトスポット!笑

自分の世界観に合わない、フォトスポットが一か所でマストで撮影しないといけなくなると本当に困りますね・・・笑 広告色も強くなるし、自分のアカウントのフィードに溶け込まなくなってしまうので・・・


【みんな同じ!もう一回!は絶対にいや!】

正直に、案件を受ける際、困ったことは過去にありましたか?


あや猫さん:「縛る」のは困りますね・・・

絶対に商品のここを紹介してほしい、顔を入れてほしいという縛りがあると投稿しにくいです。顔の投稿が人気な人は良いと思うのですが、私のフォロワーはコスメレビューや紹介を求めているので、顔の投稿よりもしっかりと説明する方が反応も良いんです。


本多さん:再投稿だけは一番避けたいですね・・・。

こちら側のミスで再度投稿しないといけない場合は、再投稿しますが、一回目の投稿よりも反応が良くなることは絶対にないので、イメージと違った・・・等で再投稿をお願いされるのは苦手ですね。


あや猫さん:あと●時に投稿は本当に必要なのかなと思ったことはあります。


本多さん:わかる~!商品頂く日と投稿が同じ日とか、試す時間がないのも、本当に避けたいですね・・・。

私もですが、周りのインスタグラマのの子も、何投稿か先の投稿を、PRである、なし関係なく、どんなフィードを作ろうかスケジュール組んでいる子もいるんです!

そんな中急に依頼があったり急にスケジュール変更があると、狂ってしまうので早めにご依頼いただきたいですね・・・笑


【「信頼」がなによりも大切】

インスタグラマーとフォロワー、一番大切なものは?


あや猫さん・大田さん・本多さん:フォロワーさんに嘘をつかない!信頼を失うことは絶対にしない!


あや猫さん:PR案件で自分に合わないものがあった、試す時間が短かった、全て正直に投稿します。

試す時間が3日しかなかった商品だけど、肌艶がよくなった気がしますとか、自分の肌には合わなかったけど、○○肌の人なら合いそうという工夫をしています。


【数字だけじゃなくて、私たちをしっかり見てほしい!】

最後に。インスタグラマーと企業、一番大切なものは?


大田さん:「人」「世界観」を見てほしい!私たちには特性があるので、しっかり見てほしいなと思います!

私のフォロワーが求めてない商品のPRの依頼だと、お断りをせざるを得なくなってしまうので、見てほしいですね!


あや猫さん・本多さん:フォロワー数だけではなくって、プロフィールも見てクライアントさんに提案してほしいですね!

そうすることでもっと私たちもお返しができることが多くなって、投稿の質が良くなる気がします!



Instagramのフィードはインフルエンサーの方々が「可愛い」「おしゃれ」「良い」と思ったものだけではなく、アカウント全体が統一されるために投稿スケジュールまで考えられていたなんて驚きでした!


インフルエンサーの方々、アカウントを理解してインフルエンサーを提案するということも、クライアント様、インフルエンサーにとってもエージェントの腕の見せ所になりそうですね!


以上、インフルエンサーインタビューでした。

お問い合わせはこちら。

influencer_div@cyberbuzz.co.jp

Yumiketa Akiko

株式会社サイバー・バズ インフルエンサー局
マネージャー

株式会社サイバー・バズ インフルエンサー局

サイバー・バズが運営するインフルエンサー局ブログ 創業当初から保持しているインフルエンサーネットワークに関するノウハウ、事例や、当社だからわかるインフルエンサーのトレンドを紹介!お問い合わせはこちら<influencer_div@cyberbuzz.co.jp>

0コメント

  • 1000 / 1000